Created in 0.0056 sec.
<< 2006.7 >>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 
RSS配信
  • RSS1.0
  • Credit

カテゴリー » 時事問題 July 23, 2006

小学生は読書好き!? ID:1153611708

 2004年度に全国の公共図書館が貸し出した本は、延べ約5億8,000万冊で、1995年の調査開始以来最高になったことが7月21日、文部科学省の調査で明らかになった。小学生一人当たりの貸出冊数は、年18.7冊でこちらも過去最高を更新。同省は「学校や図書館が子どもの読書意欲を伸ばす活動に取り組んでいる成果ではないか」(調査企画課)としている。
 同省がまとめた「社会教育調査」(3年毎に実施)の中間報告によると、図書館の総貸出冊数は5億8,083万冊で、前回01年度の調査に比べ11.5%増えた。
 貸し出しを受けた人は延べ1億6,133万人で、同12.7%増。国民一人当たりの貸出冊数は年4.5冊と、同0.4冊増えた。
 小学生向けの貸出総数は同8.1%増の1億3,490万冊。一人当たり貸出冊数は同1.6冊増え、18.7冊になった。
 図書館で一度でも本を借りたことのある「登録者数」は01年度を312万人上回る3,097万人となり、初めて3,000万人を突破。このうち小学生は同年度より44,000人余り多い413万人。全国の図書館数は2,919館と3年間で215館増え、図書館の整備も進んだ。
 子どもの「読書離れ」が指摘される中で貸し出しが伸びていることについて、同省は「朝の読書活動や、図書館司書が学校に出向いて読みかせをするなど、子どもを読書に向かわせる活動が少しずつ実を結んでいるのでは」(調査企画課)と指摘。図書館関係者からは「景気低迷で購入が減って貸し出しが増えたことに加え、『ハリー・ポッター』など話題作の影響では」との声が聞かれた。
 確かに私立小学校で朝の読書活動は多く行われていて、聖徳大学附属小、西武文理小などは特に力を入れていた。
小学校受験と幼児教室選びのポータルサイト「お受験じょうほう」
Up — posted by admin @ 08:41AM
最近のコメント
最近のトラックバック