Created in 0.1073 sec.
<< 2009.8 >>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 
RSS配信
  • RSS1.0
  • Credit

カテゴリー » 編集者日記 August 24, 2009

処暑を過ぎ ID:1251115150

処暑を過ぎ、随分と暑さが和らいだ感のある東京ですが、幼稚園や学校はいよいよ夏休みも残りわずかですね。
今日昼間に電車に乗ったら、数人の小学生の女の子の集団が座席に座っていたのですが、みんな揃ってヘアスタイルは編み込み、同じようなTシャツを着て、ひらひらのスカートもほぼ同じ、顔まで似ているようにも見える…。つくづく似たような者同士が友達になるものですね。
大人(?)の私としては一足先に夏休みの思い出を総括しますと、
・たくさんの子供と遊べたこと。笑いは絶えないが体は悲鳴。
・1年生になった姪の手作りのカレーを食べたことに感激。1年生になったばかりで、立派な料理ができるのね、と感心。姪は母親の手ほどきにて料理を習得中とのことですが、昨今は子どものいろんな感覚や感性を育むためにと、子供向けの料理教室が盛んとか。
・花火を4回もやったこと。我が家のキッチンは古めかしいガスコンロですが、IHヒーターのお宅も多いこの頃。火の気配というものを日頃感じずに過ごしている方も少なくないのではないでしょうか。マンション暮らしなどではなかなか自宅で花火ともいかぬところですが、夜の散歩がてら、あるいは旅行の〆にいかがでしょう?
・今日突然の夕立ちに遭い、川がものすごい勢いの濁流と化していたのを見たこと。それを見て通りすがりの子供は大喜び。子供はいつでも火と水が大好き。

残りの夏休み、元気で過ごしたいですね。

小学校受験と幼児教室選びの「お受験じょうほう」トップへ

Up — posted by admin @ 08:59PM

カテゴリー » その他 August 08, 2009

子どもが生まれる順番の神秘 ID:1249681143

『子どもが生まれる順番の神秘』カール・ケーニッヒ著
読みました。
最初の子として生まれることに、また、二番目や三番目の子として生まれることに何かの意味があるのでしょうか。生まれてくる順番がその人の行動や性格に影響をを与え、さらには、生き方をも左右するものなのでしょうか。(序文より)
確かにその順番はその人の人生にわたって大きな影響を与えているだろうと思います。しかし大人になった日々の生活の中であまりそのことを意識する、させられることは多くありません。(子どもの頃は兄弟姉妹が親のもとで一緒に暮らすため、その順番の意識は常にあるものですが。)気質のようなものは、血液型や星座などの分類で言われることのほうが圧倒的ではないでしょうか。
この本には、人の行動パターンや社会性が、生まれた順番に多大な影響を受けていること、またその理由が明かされています。そしてその宿命の哲学的な意味付けも教えてくれます。この生誕の順番の意味付けは、私にとってはとても納得感があり、興味深いものでした。
子育て中の方が読むのもよし、また、そうでない方にも、とても面白い本です。自分自身の生涯について考えたり、あるいは友人たち、自分とつながっている社会の中で、それぞれがどの順番で生まれたのか、そしてその意味に気づき、その人への認識が深まり、人間関係を深めるきっかけになったりするのではないでしょうか。

小学校受験と幼児教室選びの「お受験じょうほう」トップへ

Up — posted by admin @ 06:39AM

最近のコメント
最近のトラックバック