• 学校ロゴ
  • はつしばがくえんしょうがっこう

    はつしば学園小学校

取材・動画

取材レポート

夢に寄り添う中学入試指導、私学で身につけたい確かな学力

創立以来、従来の教育システムにとらわれない新しいチャレンジを続けて成果をあげているはつしば学園小学校。「きく(聞く・訊く)」姿勢をすべての学習の基本とし、ともに聴きあい学びあう「グループ・ペア学習」、4技能に対応した英語システム「GrapeSEED」、好奇心や想像力を伸ばす「はつしばサイエンス」、課題を解決する探求心を培う「プログラミング的思考」など、時代を見据えたカリキュラムを展開しています。
卒業後は系列中学(初芝立命館、初芝橋本、初芝富田林)や、外部私立・国立中学など、幅広く多彩な進路があります。系列中学への推薦権利を持ちながら、外部中学を受験することが可能なことも特徴のひとつ。中学入試を子どものチャレンジとして学校全体でサポートし、夢の実現に力を入れていることも、保護者からの高い評価につながっています。
今回は私立小学校で身につけたい学力について、また中学入試対策について、西依恵一郎教頭先生にお話を伺いました。
(続きを読む→)

[2020年06月09日]

小1からスタートする“英語脳”育成カリキュラムGrapeSEED導入の確かな成果

新設校としての柔軟性を活かし、従来の教育システムにとらわれない新しい教育にチャレンジし、成果をあげているはつしば学園小学校。
創設以来、重視してきたことは、子どもたち一人ひとりの「個性」を大切にすること。教師や子ども同士の信頼関係を基盤に、ものの見方や感じ方、考え方の違いを認め合い、一人ひとり個性的に学びあい、確かな学力の育成を可能にしてきました。
卒業後は系列中学や、外部難関私立・国立中学など、多彩な進路があることも、保護者からの高い評価につながっています。
今回は2018年度入学の1年生からスタートした、新英語システムGrapeSEEDの成果を中心に、はつしば学園小学校の多彩な取り組みについて、加藤武志校長先生にお話をうかがいました。
(続きを読む→)

[2019年05月14日]

新しい英語教育カリキュラムがスタート

子どもたちの未来を見据え、グローバル社会で活躍する人材の育成をめざすはつしば学園小学校。
2018年度より新しくスタートした英語教育や、中学合格実績について校長先生にお話をうかがいました。
(続きを読む→)

[2018年06月15日]