• たまがわがくえん しょうがくぶ

    玉川学園 小学部

教育・生活

学びの特色

  • 2016年4月より、日本語(国語)と英語のバイリンガル教育「BLES(ブレス)プログラム※」クラスを、1年生から順に展開
    ※文部科学省「教育課程特例校」
  • 1~5年生の希望者を対象に、放課後の延長教育プログラムを実施(有料)
  • ワンキャンパスならではの一貫教育、活発な異学年交流
  • 1~5年生の英語の授業は全クラス週5時間。
  • 海外交流校との交換訪問、テレビ会議システムを使っての交流など多彩な国際教育プログラムを実施
  • グループによる身体活動を通して、協調性やコミュニケーションスキルを育むための体験型教育「玉川アドベンチャープログラム(TAP)」を実践
  • 全教室に電子黒板および教師が常駐する「教師コーナー」を設置
  • 発達段階に応じた学習システム
  • 思考力を養う「学びの技」
  • 労作教育

施設・設備

スペイン瓦屋根の4F建物。土と芝生の2つの専用グラウンドあり。サイテックセンター、アートセンター、チャペル、マルチメディアリソースセンター。学園共通施設として記念グラウンド、礼拝堂、50m屋内温水プール、教育博物館ほか

学校行事等

入学式、運動会、遠足、アメリカ ハーカー校来園、鎌倉見学(6年生)、七夕、林間学校、サマースクール、ESサマーキャンプin弟子屈(3・4年生希望者)、オーストラリア ザ・ロックハンプトン・グラマー校研修(5年生希望者)、体育祭、ハーカー校来園、音楽祭、クリスマス礼拝、スキー学校(4・5年生)、玉川学園展

クラブ活動

5年生から希望者は課外活動(クラブ)に参加することが可能。
剣道、バスケットボール、陸上、デンマーク体操、ソフトボール、吹奏楽、オーケストラ、サイエンスクラブ、ロボットクラブ、野球、サッカー、ラグビー、エアロビック、ハンドベルクワイア、少林寺拳法、バドミントン、水泳 (6年生からの参加や女子のみの参加としているクラブあり。)

セキュリティ

学内には防犯・防災専門施設があり、専門スタッフが24時間365日体制で学内を巡回。
ALSOKによる「あんしん教室」や、小田急電鉄と提携して「あんしんグーパス」システムを導入し、登下校の安全管理を実施。

保護者と学校との関わり

子ども・家庭・教師の三者ネットワークを構築。
父母会では、シエラレオネへの献品、リサイクル活動、図書の整備のほか、外部講師を招いて行う「父母教養講座」を開催。