お受験じょうほうTOPへ 
 
学校説明会レポート2019年度入試(2018年実施)
※説明会には編集員および協力員(保護者)が参加しました。
 
東京学芸大附属小金井小学校
名称 学校説明会
開催日

2018年9月15日(土)

受付開始時間 10:00
開催時間 10:30〜11:05
場所 体育館
回数(全回数) 2(3)
申し込み(予約) 不要
申し込み方法 -
参加人数 約400人
父親の参加率 約30%
持ち物 申し込み控え -
上履き 必要
その他 履物を入れる袋
服装 フォーマル 約85%
スマートカジュアル  
ラフ 約15%
子供向け企画 なし
配布物 学校案内 あり
入試問題/解説 なし
願書 頒布あり
説明会用レジュメ なし
アンケート用紙 なし
その他

学校の定める出願資格のある児童の保護者にだけ学校案内・募集要項が配布される。

開始前

会場映像等

なし
映像時間 -
映像内容 -
説明時間 約35分
プログラム1 配布書類の過不足確認
時間

約1分

説明者 司会 主幹教諭 塚本 先生
プログラム2 あいさつ
時間 約4分
説明者

校長 鈴木明哲 先生

プログラム3 学校紹介DVD 鑑賞
時間 約15分
説明者

 

プログラム4 本校の特色と新1年生の募集について
時間 約15分
説明者

副校長 関田 先生

質疑応答 なし
相談内容 -
個別相談 なし
個別相談対応者 -
見学有無 校内施設 なし
授業 なし
終了後 会場映像等 なし
映像時間 -
映像内容 -
編集後記

雨天のせいか、10:30からの回は600席ほど椅子がある中400席ほどが埋まっていました。
募集要項を受け取るには、児童の名前、生年月日、住所を書く用紙に記入し、出願資格に該当した保護者だけが受け取ることができました。また、お子さんを連れていらしている保護者の方は説明会に参加することができませんでした。すべて、学校HPに記載されていることでしたが、例外は無いようでした。
説明会は先生方がこちらが恐縮してしまうほど、とても丁寧な口調でお話しして下さりました。
内容は国立小学校の使命とマイナス点を十分理解した上で、ご家庭の方針に合っていれば是非受験してほしいというものでしたが、そのマイナスな部分からもプラスとなる面もあると説明下さり、例えば教育実習生の授業が年間8週間あり、正直未熟な授業ではあるし、その部分をフォローする時間もないが、実習生という人との出会いは貴重なものであるととらえることや、遠方からの通学のリスクはあるが、早いうちから公共機関でのルールやマナーを身につけることができる 等、マイナスをマイナスだけにとらえない考え方をしてくれる学校なのだと感じました。
最後の提出書類につては、不備があった場合は受理されないこと、また一緒に提出する住民票には本籍地の記載は必要ないことなどをお話しされていました。
詳しくはすべて本日配布の冊子に記載されているので熟読するようにとのことでした。
宿泊行事を大切にし、人間力も高めてくれる学校ではないかと感じました。
(編集部M)


>>東京学芸大学附属小金井小学校の説明会情報を見る

お受験じょうほうTOPへ
×閉じる