★ママ・プレママ必見★日常のお買物をサポート! お受験じょうほうTOPへ 
 
学校説明会レポート2016年度入試(2015年実施)
※説明会には編集員および協力員(保護者)が参加しました。
  聖心女子学院初等科
日程 2015年6月13日(土)
受付  
時間 11:00〜12:10
名称 第1回学校説明会
場所 ソフィア・バラ ホール
回数(全回数) 1(2)
申し込み(予約) 不要
申し込み方法 -
持ち物 申し込み控え 不要
上履き 不要
その他

小学校HPにある用紙をプリントアウトし、記入の上持参。

参加人数 約550人
1回目(9:20〜10:30)2回目(11:00〜12:10) 合わせると約850〜900人
父親の参加率 約30%(含夫婦連れ)
服装 フォーマル 100%
スマートカジュアル 0%
ラフ 0%
子供向け企画 別校舎にてお遊び会(要予約)
※1回目、2回目共に約200人の幼児と6年生が楽しく遊んでいた
配布物 学校案内
入試問題/解説 なし
願書 頒布 (有料) 
説明会用レジュメ なし
アンケート用紙 なし
その他 児童募集についての冊子 聖心マップ児童会活動のプリント 高校模擬国連国際大会のプリント GTEC結果概況
開始前

会場映像等

○ 動画
映像時間 約20分
映像内容 学院の1年間の様子 1年生の1日
説明会時間 約1時間5分
プログラム1 4年生の児童代表による発表
時間 約10分
説明者 司会もかねて 中塩先生
内容 先日行われた運動会の作文の発表と、4年生の演技(形にチャレンジ)を代表12名がステージにて実演してくれた。ダンスと組み体操が組み合わさっている演技で、メリハリのある見事な演技だった。
プログラム2 学校紹介
時間 5分
説明者 中塩先生
内容 聖心女子学院の12年間の女子教育の紹介。国際性教育によりリーダーシップの育成。女子校初の4−4−4制を導入。ファーストステージは土台を作り、セカンドステージは大きく伸ばし、サードステージは深みを極める。変化に満ちた世界をよりよく生き抜く、生きる力を育てる教育を目指す。
プログラム3 学院全体の紹介
時間 約22分
説明者 校長 シスター大山江理子先生
内容 初めに、お遊び会について、年長児の出会いの場としてはじめて試みてみた。楽しい所と感じてほしい。スライドを用いて聖心学院の12年間の一貫教育の内容やシステムを説明。国際性教育、奉仕活動、4−4−4制のそれぞれのステージの内容。卒業後の進路、海外転勤による転出後の復学のシステム。などを説明。これらの教育で、時代に左右されず、変わらぬ本物の価値を求め、より良い社会を築くことに貢献する、賢明な女性の育成を目指す。
プログラム4 初等科の教育
時間 約18分
説明者 副校長 大島先生
内容 スライドを用いて1stステージと2ndステージの2年間について授業内容や行事などを具体的に説明。1stステージは学級担任制、2ndステージからは校舎も変わり教科担任制。お祈りで始まりお祈りで終わる。道徳の時間はなく教えの時間。シスターなどによる教え。昼食はお弁当。求める子供像(心身ともに健康で子供らしい子)。これからやっておくとよいこと(親の後ろ姿を見せる)。などを具体的にお話ししてくれた。
プログラム5 1年生の学校生活について
時間 約5分
説明者 1年担任 大石先生
内容 スライドとともに1年生の様子と成長を説明。入学後1週間は親の送迎あり。その後GWまで4・5人のグループで登下校。(付き添い有)その後運動会を経て6月にはお友達同士仲良くなる。
プログラム6 今後の予定
時間 約5分
説明者 中塩先生
内容 本日個別相談あり。(1家庭5分まで)今後の説明会、授業公開、みこころ祭のお知らせ。
質疑応答 なし
相談内容 -
個別相談 あり
個別相談対応者 教員
見学有無 校内施設 なし
授業 なし
アンケート なし
終了後 会場映像等 なし
映像時間 -
映像内容 -
編集後記 始まる前に、参加者に向けて説明会中に災害があった場合の避難経路と避難指示の説明がありとても好印象を持った。説明会も事前にかなり準備をされていた印象をもち、受け入れ側の気持ちが伝わってきた。また、演技を発表してくれた4年生は、とてもハツラツとしていて、演技の内容も組体操は高度なレベルのものを取り入れており、活発な女子校という印象をもった。女子校初の4−4−4制導入ということだが、女子校だからこそそのシステムが活きてくるのではないかと思った。4年生の発表は1stステージの最高学年の風格があった。環境も都会とは思えないほどの敷地の広さと緑の多さに感激した。すべての対応に心がこもっていたように思う。
(編集部M)

 >>聖心女子学院初等科の詳しい情報を見る

お受験じょうほうTOPへ
×閉じる