小学校受験の「お受験情報」
模擬試験について
HOME | 私立小学校・国立小学校一覧 | 幼児教室一覧 | 入試情報 | 学校説明会情報 | 書籍購入 | 模試一覧 | お役立ち情報 | 資料請求| お問い合わせ
TOP模擬試験一覧>模擬試験について
                                                      
 2015年実施の模試一覧へ
 知らない場所で知らないお子様たちと受験する
自宅やいつも通う幼児教室では平常心が保てるので、いつも通りの力が発揮しやすく、そこで行う試験では好成績をあげることが多く見受けられます。
模擬試験は、本番の入試が行われる私立小学校や大学で行う場合もあり、いつもと違う環境で「いつもの力を発揮できる」力をつけるのには最適です。また、知らないお子様たちとの受験も本番の入試に近い環境といえます。
 忍耐力・持久力・集中力をつける
幼児教室などでのレッスンは1時間単位の場合が多く、また、レッスン内でリラックスできる時間もあります。
しかし、本番の入試は1時間半から、長い場合は半日程かかる場合もあり、長時間集中力を持続することが必要となります。
忍耐力・持久力・集中力を養う練習として模擬試験は良い場だと考えます。
 制限時間内に終わらせる力をつける
小学校受験では「制限時間」に対する意識を持たせることが大切です。
落ち着いてやればできるお子様でも、時間を制限されると慌ててしまうことがあります。模擬試験で「始め」「止め」と言われることで時間を意識するようになると考えます。
 初めての人の話を聞き取る力をつける
本番の試験では、初めて会う人の言葉を理解しなければなりません。普段通っている教室の先生や両親の言葉・指示は理解できても、馴れない人の言葉は理解できない場合があります。
いかなる先生の言葉も理解し、いかなる状況でも実力を発揮させる。模擬試験はそのための練習となります。
また、普段、先生や両親は繰り返し、理解するまで説明してくれますが、本番では1回の説明で聞き取り理解しなければなりません。
模擬試験を受けることで、1回で理解・把握できる力を養いましょう。
 真似をせず、自分で考え行動する
まわりに仲のいい友達がいると、つい真似をしたりのぞいたり・・・・・しかし、本番の入試は自分一人です。
依存心が強いと一人になった時どうしたらいいのかわからず戸惑ってしまいがちです。自分で考え、行動できる自立心を養うことも目的の一つです。
 模擬試験で合格する力をつける
「結果が悪いと自信がなくなる・・・」「ある程度成績が良くなってから・・・」という方も多いと思います。模擬試験は結果(順位等)だけにこだわるのではなく、弱点を発見する機会として冷静に受け止めましょう。
本番の試験が近くなってから弱点を発見するのでは遅いので、模擬試験を受けながらどこが弱点なのかを把握し、補っていきましょう。
力試しをするのではなく、「合格する力」をつけるために受けて頂ければと思います。
 待ち時間も試験
本番の入試では待ち時間があり、この間、お子様の様子をチェックしている学校もあります。テスターの指示に従って行動できるようにしましょう。
2015年実施の模試一覧へ
TOPへ 小学校受験の「お受験じょうほう」 
HOME  サイトマップ  会社概要  セキュリティに関して  プライバシーポリシー  お問い合わせ  広告ご掲載のお問い合わせ
[運営・管理] 小学校受験 対策研究所 株式会社バレクセル  Copyright(C) 2005-2015 お受験じょうほう.All Right Reserved