お受験じょうほうTOPへ 
 
学校説明会レポート2018年度入試(2017年実施)
※説明会には編集員および協力員(保護者)が参加しました。
  小林聖心女子学院小学校
名称 学校説明会
開催日 2017年5月13日(土)
受付開始時間

9:30

開催時間 10:00〜11:30
場所 デュシェーンホール
回数(全回数)

1(1)

申し込み(予約) 必要
申し込み方法 HP
参加人数 約200名
父親の参加率 約70%
持ち物 申し込み控え 不要
上履き 不要
その他 なし
服装 フォーマル 約95%
スマートカジュアル 約5%
ラフ  
子供向け企画 あり
配布物 学校案内 あり
入試問題/解説 なし
願書 頒布あり(無料)
説明会用レジュメ あり
アンケート用紙 あり
その他 なし
開始前

会場映像等

なし
映像時間 -
映像内容 -
説明会時間 85分
プログラム1 小林聖心の教育
時間 約25分
説明者 学校長
内容 本校は今年度創立94周年。1801年フランスで聖マグダレナ・ソフィア・バラによって創立された。現在日本の社会において国をあげて教育改革が進んできているが、聖心の教育の豊かさをさらに深く追及しながら国の教育を具体的に実践していきたいと日々励んでいる。文科省では「主体的・対話的な深い学び」ということを掲げている。聖心の教育は216年前から「授業を通してトータルな人間性を養う」ということが掲げられている。戦後の日本の教育の反省とともに文科省がようやく強調していることを聖心では200年以上ずっと実践してきた。
自分の考えを持ち表現する「主体的な学び」、内容との対話、人との対話、自分との対話である「対話的な学び」、これらから深い学びとなっていく。
次期学習指導要領の「つながり」を意識した改革、縦のつながり(小→中→高→大→社会)横のつながり(科目間のつながり)これらを結びつける総合的なつながりを文科省は打ち出そうとしている。聖心では10年前から4-4-4制のカリキュラムを推し進めている。文科省が進めるものをすでに進めている。
プログラム2 小学校カリキュラムの特色
時間 約15分
説明者 小学校教務主任
内容 女子教育のカリキュラムの特色について。
・スモールステップで準備することで伸びる。
・お手本になる憧れの女性に会うことで伸びる。
・世界に触れることで伸びる。
・英語の時間を6年間で360時間確保している。スマイルタイムの時間を合わせると540時間になる。スマイルタイムは英語の聞き取りの時間である。
・4-4-4制カリキュラムによる12年間一貫教育。
今年度から5〜6年生は45分授業から50分授業になる。
中学・高校教師による「連携授業」により小学生のうちから中学の授業についていくスピードを身につける。
プログラム3 児童発表
時間 約10分
説明者 児童会長・小学校5年生児童
内容 学校紹介ビデオ
英語暗唱 Saint Mother Teresa
プログラム4 高等学校主任より
時間 約10分
説明者 高等学校主任
内容 ・大学進学実績について
中学校入試で30名入学し1年生は約120名となる。
小学校から入学した生徒の過去3年分209名の大学進学実績。
姉妹校推薦17% 指定校推薦26% 一般公募推薦14% AO入試6% 一般入試37%
63%の生徒が12月までに進学先が決まる。
・学部別進学先 
人文・外国語系学部39% 理系学部23%
・国公立私立別進学先
東大・京大・阪大・神大・北大11% その他国公立6% 早慶上智10% 関関同立27%
・中学校高校の英語教育について
すべての学年で少人数制授業を行う。読む・書く・話す・聞くの4技能をバランスよく身につける。
英語の学びを通して世界の歴史や文化に触れ視野を広げられるようにする。
GTEC 高校3年生の全国平均が463だが、本校では中学3年生の平均が469.1 高校1年生513.0 高校2年生545.4 高校3年生596.8
大学センター試験のレベルと比較すると本校高校3年生の半分の生徒が6月の時点でセンター試験の80〜85%の得点できるレベルに達している。
プログラム5 12年生(高校3年生)による座談会
時間 約15分
説明者 高校3年生
内容

小学校の一番の思い出
・クリスマス ウィッシング
5年生の時にマザーテレサの劇をした。マザーテレサの「大切なのはどれだけ大きいことをしたかではなくどれだけ愛を込めたか」という言葉があり、この劇を通して家族や友達に優しくしたり思いやりを持って接することができるようになった。
・ジャパンフェスティバル
6年生の時オーストラリアの姉妹校の留学生に英語で日本文化とその良さを伝えた。自分が話す英語が伝わった感動があった。

学校の魅力
・キリスト教に基づいた教育。昼食時の5分間沈黙(感謝の心)。おにぎり募金(奉仕の心)。
・女子校。自然豊かな環境。国際性。

プログラム6 英語劇
時間 約10分
説明者 中学校・高等学校生徒
内容 5月3日の学院祭で上演した英語劇Footloose(フットルース)の一部
プログラム7 Q&A 願書の記入方法
時間 約10分
説明者 小学校教頭
内容 ・安全対策について
登下校はEmaiで連絡。坂道に防犯カメラを設置。帰宅困難に備え3日間に寝泊まりできる食料を備えている。 
・お預かりについて
6時までお預かりしている。
・お弁当について
手作りを大切にしたいがインターネットで注文することができる。
・マイヤークラブについて
現在1年生〜4年生60名登録している。
宿題、お祈り、おやつ、遊び
・募集要項について
A日程B日程難易度は同じ。
考査内容については7月の入試説明会で説明する。
質疑応答 なし
相談内容 -
個別相談 あり
個別相談対応者 不明
見学有無 校内施設 あり
授業 なし
終了後 会場映像等 なし
映像時間 -
映像内容 -
編集後記 説明会ではたくさんの子供たちが丁寧に案内をしてくれて、思いやりにあふれた学校の雰囲気を感じ取ることができました。4-4-4制の12年一貫教育の中で女の子の成長過程に合わせた教育をしていて、教育内容も女の子の特性を生かしたやり方で無理のない学びができると思いました。家庭的な雰囲気の中で12年間のびのびと成長できそうです。(編集部M・H)

>>小林聖心女子学院小学校の詳しい情報を見る
>>小林聖心女子学院小学校の学校説明会情報を見る

お受験じょうほうTOPへ
×閉じる