お受験じょうほうTOPへ 
 
学校説明会レポート2018年度入試(2017年実施)
※説明会には編集員および協力員(保護者)が参加しました。
  アサンプション国際小学校
名称 学校説明会
開催日 2017年6月10日(土)
受付開始時間 10:30
開催時間 11:00〜11:50
場所 講堂
回数(全回数)

1(2)

申し込み(予約) 必要
申し込み方法 HP
参加人数 約200名
父親の参加率

約30%

持ち物 申し込み控え 不要
上履き 不要
その他  
服装 フォーマル 約95%
スマートカジュアル 約5%
ラフ  
子供向け企画 なし
配布物 学校案内 あり
入試問題/解説 なし
願書 頒布あり 無料
説明会用レジュメ あり
アンケート用紙 あり
その他  
開始前

会場映像等

あり
映像時間 約3分
映像内容 児童の一日
説明時間 約50分
プログラム1 挨拶、21世紀型教育について
時間

約20分

説明者 学校長
内容

今年4月からアサンプション国際小学校という校名に変更し、男子にも門戸を開き共学となった。アサンプションとは聖母被昇天という意味の宗教英語である。この学校は今から64年前に、フィリピンのアサンプション修道会によってつくられた。創立当時から宣教師たちによる英語教育が行われていた。今年は聖母被昇天修道会を設立した聖マリ・ウージェニーの生誕200年という記念すべき年である。(DVD上映 子どもたちの未来)20年後、子どもたちが社会に出た時に、AIやロボットが今よりもっと導入されている時代がくる。そうした時に人間の存在感が大事になってくる。そこで活躍できる人間をどう教育していくかが21世紀型の教育改革である。これまでの20世紀型教育は、一言で言うと「知識吸収型」の教育であった。これからの21世紀型の教育は「自分に自信を持って、いろいろな課題を解決していく力」をどう身に付けるかである。論理的、批判的、創造的な思考が大事になってくる。講義を聞いただけでは5%の知識しか記憶に残らないが、体験を通じた学習や得た知識を他人に教えた経験をすると90%身に着くというデータがある。21世紀型教育には3つの柱がある。1つめは、PIL、PBLといった対話型、課題解決型の授業である。2つめは英語教育で、イングリッシュコースでは、英語漬けのイマージョン授業をおこなう。1週間のうち半分くらいが英語による授業であるが、オールイングリッシュということではなく、ネイティブ教員と日本人教師がついて日本語でフォローしながら授業を進める。3つめは、タブレット(iPad)を活用したICT教育である。そして、この3つの柱の根底にあるのが豊かな人間性を育むカトリック教育である。今年3月14日に大阪の小学校では初めて「ユネスコスクール」に認定された。本校では国際社会で活躍できる人材を育成したいという想いから校名に“国際”をつけている。この4月からスタートした、グローバルコースは40名(男子7名、女子33名)で2クラス、イングリッシュコースは27名(男子8名、女子19名)で1クラスとなっている。

プログラム2 教育内容
時間 約25分
説明者 教頭先生
内容

授業風景(動画・5分)上映 (グローバルコース国語授業の様子、イングリッシュコースのイマージョン授業の様子) 2つのコースの教育の特徴について。
グローバルコースはこれまで本校が長く行ってきた教育がベースである。特に国語には力を入れていて、週9時間授業を行う。「読む」、「書く」、「聞く」、「話す」の日本語の力を育む。また読書教育や、高学年では漢字検定、日本語検定にも挑戦する。音読大会は学期ごとに全学年で実施している。英語教育は週2時間、5年生、6年生は週3時間。担任は日本人教員1名であるが、英語の授業ではネイティブ教員1名、日本人教員1名の2名体制となる。英語授業では1クラス20名を2つに分けて習熟度別に行っている。英語が進んでいるこどもは、その他に放課後講座を週3時間受けることができる。週1時間は宗教の授業。(動画上映・英語レシテーションコンテストの様子)  
イングリッシュコースでは、算数・音楽・英語・生活・図工はイマージョン授業で行う。ネイティブ教員と日本人教師が2名体制で行う。いずれのコースも正しい知識を学年に応じて定着させること、PIL(対話をしながら)、PBL(課題解決型)を行うことで21世紀型教育を目指している。これは授業だけでなく、行事や課外活動、アフタースクールの中でも意識をしている。2020年、教育は大きく変わろうとしている。それは学ぶ内容ではなく、学び方を変えようとしている。(動画上映・こどもの様子) 
育てたい子ども像は「心身ともにすこやかで愛に生きる子」 学院のモットーは「誠実」・「隣人愛」・「喜び」 

プログラム3 募集要項
時間 約5分
説明者 入試広報担当の先生
内容

入試について 
A日程/10月1日(日)、B日程/10月21日(土)の2回。
募集人数は男女両コース合わせて60名。
コース選択は、1.グローバルコースの専願、2.第1希望イングリッシュコース、第2希望グローバルコースのどちらかを選択する。詳細は募集要項を確認してほしい。

質疑応答 なし
相談内容 -
個別相談 あり
個別相談対応者  
見学有無 校内施設 なし
授業 なし
終了後 会場映像等 なし
映像時間 -
映像内容 -
編集後記 社会全体が急速に変化していく中で、これからの教育に必要とされているものが何かがよく理解できたと同時に、それに対応した21世紀型教育にとても魅力を感じました。21世紀型教育を通じて子どもたちがどう成長していくかが楽しみです。また、先生方が来校された保護者や子どもたちひとりひとりをとても優しく迎えていらっしゃる光景が印象的でした。(編集部S.T)

>>アサンプション国際小学校の詳しい情報を見る
>>アサンプション国際小学校の説明会情報を見る

お受験じょうほうTOPへ
×閉じる