★ママ・プレママ必見★日常のお買物をサポート! ×閉じる
 

学校説明会レポート(2015年度)

※説明会には編集員および協力員(保護者)が参加しました。

大阪教育大学附属池田小学校

平成27年度入学選考保護者説明会 2014年12月12日(金) 受付13:30〜 
説明会14:00〜14:45 ※説明会終了後、15:30まで授業および校舎内見学

この説明会には、前日までの願書配布期間内に学校にて願書を受け取り、同封されている
入館証が必要となる。当日はこの入館証に赤いひもを通して首からかけられる状態にする。また靴を入れる袋と上履きが必要。

会場の様子          
学校体育館での開催。400席ほど椅子が用意されていて、開始10分前にはほぼ全席が埋まり会がスタート。※上履き持参であるが、お持ちでない方用にスリッパとビニール袋が用意されていた。

参加者の様子      
約400名の参加者のうち、男性は数名、約9割が黒または紺系の服装。

配布物 ※当日の配布物はなし。
願書配布期間中に以下の書類を配布
学校概要、入試選考関係書類、願書送付封筒、返信用封筒、説明会案内、
入館証

<学校説明会の内容>

  1. 本校の概要について
  2. 質疑応答
  3. 連絡事項

14:00開始
学校長あいさつ、学校紹介

学校を知って頂くには生徒の様子を見てもらうのが一番。昨日は文化発表会の行事が行われたが、その発表を本日見て頂きたい。3週間みっちりと練習を重ねてきた。6年生による合唱と合奏を披露。

■学校紹介 校長より
国立の附属小学校というのは通常、大学の教授が小学校の校長を兼務しており
普段あまり学校にいないが、本校はそうでなく校長が専任で学校に常駐している。

本校の任務

  1. 義務教育として行われる普通教育のうち基礎的なものを行う
  2. 大阪教育大学との共同による学校教育と生涯学習の実践的研究
  3. 大阪教育大学の学部生と大学院生の教育実習と実地研究指導
  4. 公立高校との実践的研究交流など、地域社会との連携・協力
  5. 学校が安全で安心できる場所とするための安全教育の実践と発信

本校では、大阪教育大学から毎年50名ほど学生の教育実習を受け入れている。
また地域のモデル校としての役割を果たしている。
よく国立小学校はエリートを育てるためにあるのかと聞かれるが、
将来世の中の役に立つ人材を育てることが国立小学校の役割である。
わが校は安全教育に力を入れているがそれだけではなく、国際教育にも力を入れている。中国、台湾、香港の学校と交流協定を締結しており、相互に学校訪問を行っている。
大阪教育大学英語教育講座と連携して、専科とAET(日本人英語教師とチームを組んで
授業を行う外国人教師)で英語の授業を行っている。
また希望者のみであるが英国留学も行っている。

年間行事のDVD上映

■入試選考の諸注意  副校長より

募集人員 男女合わせて100名
ただし、第3学年から募集する帰国児童5名を除く。
また第1学年で学校災害特別研究児童3名以内を募集する。

募集資格者

  1. 平成20年4月2日〜平成21年4月1日までに生まれた者
  2. 出願時に本校所定の通学区域内に現に保護者と同居している者(同居予定は不可)
  3. 本校の教育を理解して入学を希望する者

大阪教育大学附属池田中学校への入学に関しては、学校長の推薦が必要となる。
現6年生は84番まで進学予定。ただ、私立中学を受験するものもいる。
現中学1年生は59名が附属池田中学校へ進学、48名が私立中学へ、10名が公立
中学へ進学している。ここ最近、附属中学へ進学する児童は60名〜70名である。

児童の登校は8時15分〜8時30分で6時限授業がある。下校は15時45分、最終下校は11月1日〜1月31日が16時、それ以外は16時20分である。

授業料は無料だが、以下の月額費用がかかる。
学級費1100円、学校教育活動費1200円、給食4700円、PTA費1100円
合計8100円

願書出願期間は、平成26年11月19日(水)〜12月26日(金)必着、書留郵便で送付のこと。
不備がある場合には平成27年1月6日に連絡する。

入試選考は面接と調査・観察を行う。
面接(志願者面接・保護者面接) 女子 平成27年1月13日(火)、男子 1月14日(水)
保護者同伴で来校してください。詳細の日時、時間については願書受付後送付する書類にて。インフルエンザ等感染症になった場合には予備日を1日設けている。その場合は、医師の診断書の提出が必要。

※ご家族の中でお父さんが単身赴任、海外赴任等で夫婦別々に暮らしてそちらに住民票を移して場合があるが、そういった場合はわざわざ住民票を戻す必要性はない。

調査・観察は、
女子 平成27年1月17日(土) 9時〜(受付8時30分〜)、
男子 1月17日(土) 12時20分〜(受付11時50分〜)
以下を選考判断とする
筆記(知識・理解・思考力)
実技(表現力・創意工夫・関心・意欲・態度)
行動観察(強調性・社会性・人間関係)
志願者の服装は、運動しやすい服装で。

合格発表は平成27年1月18日(日)13時〜13時30分
面接、調査、観察のすべてを総合して合格者を決定する。抽選は実施しない。
また繰り上げ合格は一切行っていない。
13時30分から合格者の保護者対象の説明会がある。

このあと学校見学会となるが、質問がある場合は個別にお答えする。
以上

神戸大学附属小学校
平成27年度第1学年児童募集説明会 2014年11月7日(金) 受付9:00 9:30〜11:00

【会場の様子】          
小学校体育館が改修のため、今年は中学体育館での開催。そのため附属幼稚園の門より入場。体育館には300席ほど椅子が用意されていて、幼稚園からの内部進学向けの席と一般入試の席が分かれて設置されていた。9割程度の埋まり具合で会がスタート。翌日の土曜日にも同じ内容の会が予定されているので、そちらのほうは満席になるのではないかと思われる。※上履き持参であるが、お持ちでない方用にスリッパとビニール袋が用意されていた。

【参加者の様子】      
約270人の参加者のうち、男性は数名、約9割が黒または紺系の服装。

【配布物】
説明会資料、説明会でのスライド資料。
説明会終了後に出願希望者のみに出願書類申請書の提出と引き換えに「入学願書」、「原符・領収書・願書受理票」を配布。

【学校説明会の内容】

1.募集定員について
2.神戸大学附属小学校について
3.入学選考の手続きについて
4.質疑

9:30開始
学校長あいさつのあと副校長より上記3点の説明に入る

■1.募集定員について
平成27年度は学級定員35名 2学級。附属幼稚園からの連絡進学が49名(男24名、女25名)、一般募集は男女合わせて21名。

対象となるお子様は平成20年4月2日〜平成21年4月1日生まれ

通学条件は本校所在の地域保護者とともに居住、また公共交通機関を利用して本校始業時刻前の8時25分までに無理なく登校できるもの。自家用車での送迎は認めていない。
通学区域は以下の通り広範囲である。現在通っている生徒は、神戸市を中心とする阪神地区と明石市を中心とする以西のほぼ半々である。
神戸市、芦屋市、西宮市、尼崎市、伊丹市、宝塚市、川西市、明石市、加古川市、稲美町、播磨町、高砂市、小野市、三木市、姫路市、たつの市、太子町、相生市、赤穂市、淡路市

■2.神戸大学附属小学校について
<教育理念>

神戸大学の理念である「真摯・自由・協同」の精神に基づき、社会を創造する知性を持ち、国際感覚にあふれた人材の育成をねらいとした教育を行い、心豊かな人づくりの推進に寄与することを基本理念とする。
<教育目標>
国際的視野をもち、未来を切り拓く「グローバルキャリア人」としての基本的な資質を育てる。
<目指す子ども像>
・自らすすんで生活を築いていく子ども
・国際的な視野と広い心をもち、互いを尊重しあう子ども
・豊かな感性と探究的な思考力をはたらかせて、文化を創造していく子ども

附属小学校の特色
1.研究校
 ・拠点校→中長期的視点から先導的取組
 ・モデル校→地域の教員の資質向上に貢献
2.教育実習校
 ・次代の教育界を担う人材育成
3.連絡進学校 
 ・中高一貫教育を行う中等教育学校との連携

規模 
各学年2クラス編成、クラス定員は1〜3年生が35名、4〜6年生が40名、     
全校生徒450名。

沿革 
平成21年4月、神戸大学附属小学校として開校 1年生児童が入学し6年目を迎
える。
本校の1年間は4〜9月の前期、10〜3月の後期の2期制。
教育課程は、1年時(初等教育初期、3〜6歳)は「10視点」カリキュラム、10視点とは「自
分の生き方」、「ひととのつながり」、「健全なからだ」といったこと、2、3年時(初教育中期、
7〜8歳)は「すう・かたち」、「しぜん・かがく」、「からだ」、「アート」、「くらし」、「ちいき」、
「ことば」、「せかい」、「こころ」の8領域カリキュラム、4〜6年時(初期教育後期、9〜11
歳)は「教科」カリキュラムで、各教科、道徳、外国語活動、総合学習、特別活動、グロー
バル科となっている。なお、このプログラムは研究段階にあるため、今後変更となる可能
性もある。

教育課程の特色として、
・外国の学校の子どもや神戸大学の留学生などと直接的に触れ合う
・地域や地球規模のさまざまな現実から問題の所在や自己の在り方を追求し、グローバルな視野に立って判断できる資質・能力を培う
・1年生から6年生までALT(外国人による外国語指導)とともに、英語を中心とした外国語や文化に親しむ
・海外帰国児童を一般学級に受け入れ相互啓発をおこなう
現在本校では、4年生以上の学年に海外からの生徒を9名受け入れている。内訳は、アメリ
カからが4名、ドイツ、フランス、シンガポール、中国となっている。
・異学年交流活動を積極的に取り入れリーダーシップを備えた人材の育成
・情報教育を充実させ、ICTを多様に活用した授業
ICT教育機器については以下の通り
全教室に電子黒板
電子黒板連携タブレット端末
児童用ノートパソコン40台
来年度より無線LANシステム導入
・集団宿泊的行事として、活動する地域の自然や文化に触れる体験を通じて、国際的な視
野を広めたり深めたりすると共に、人間同士のつながりを高め合う地球市民としての資質
や能力を養う。4年生で広島・周防大島方面(費用約4万5000円)、5年生で東京方面(費用
約6万5000円)、6年生では今年度よりシンガポール・マレーシア方面(費用約17万円)。
その他の特色ある活動として
・オーストラリアのアイアンサイド小学校と親善相互訪問を行う
2年に一度の訪問とオーストラリアからの受け入れをしている。受け入れの際にはみなさん
のご家庭へホームステイをしていただく。交際交流のできるいい機会なので是非ご協力頂
きたい。
・異学年の友だちと活動集団をつくり、学年行事等をつくりだす
・幼稚園、小学校の連携と接続を重視したカリキュラムを構成
・子どもの発達に応じた活動を実施

制定品については、制服男子約4万6000円、女子約4万8000円、ランドセル約3万5000
円、体操服約1万3000円、水着約5000円、その他の制定品としては体育館シューズ、防
災ずきん、うわぐつ、防犯ブザーケース、さんすうセット。ランドセルは制定品になるの
で、祖父母などからの贈物は使えないのでご注意頂きたい。
1年間にかかる経費は給食費4300円(月額)、育友会費400円(月額)、教材費1000円程度(月
額)。毎月銀行口座からの引き落としとなる。その他、宿泊を伴った行事は先程申した通り
である。これらの額は、消費税の変更などで変わる場合がある。

卒業後の進路は、住吉にある6年一貫教育の附属中等教育学校への進学、または他中学等
になる。中等教育学校への連絡進学は35名程度である。進路選択への支援として、毎年度
CRTを実施、実力考査(5年生、6年生)、個人懇談会など。卒業後の進路はお子様の適性・
将来を見定めて進路選択をしていただきたい。

最後に、附属小学校の子どもとして
「自律と責任を持ち他人を尊び仲間と共に伸びていこうとする子ども」
このようなお子さまを育てようとしている学校の基本的なスタンスを十分にご理解いただき、ご協力をお願いしたい。

3.入学選考の手続きについて
入学選考の手続き等について
願書受付 平成26年11月15日(土)午前9時30分〜12時、午後1時30分〜3時。
場所は附属小学校体育館で上記時間以外は受付ない。
検査1は応募者を対象とした検査で、平成26年12月3日(水) 男子は午前、女子は午後(附属幼稚園児は女子終了後)、検査Uは応募者・保護者(両親)を対象にした面接で、平成26年12月4日(木) 男子は午前、女子は午後(附属幼稚園児は別日)
合格発表は平成26年12月6日(土)午前9時〜9時30分。引き続き第1回保護者会を行う。

×閉じる

★大阪教育大学附属池田小学校(12/24)

★神戸大学附属小学校(11/7)