お受験じょうほう(関西版)
取材特集 帝塚山学院小学校  
HOME | 私立小学校・国立小学校一覧 | 幼児教室一覧 | 入試情報 | 学校説明会情報 | 書籍購入 | 模試一覧 | お役立ち情報 | 資料請求| お問い合わせ
 

帝塚山学院小学校

資料請求
 

自学主義・恊働学習で学びを深め、
発信力を高める「イノベーションルーム」が誕生

大正時代に創設された帝塚山学院は、開校以来、「力の教育」を建学の精神とし、「自学主義」を教育理念に掲げ、未来を生き抜く力のある児童の育成に励んできました。いつの時代にあっても、革新的な取り組みをする帝塚山学院小学校の姿勢は、イノベーターとして教育界で存在感を発揮。自ら学ぶ前向きな姿勢を基本とし、「意志の力、情の力、知の力、躯幹の力」の4つの力をかね添えた、豊かな人間性を育む方針は、開校当時より時代を越えても変わらず、また今の時代だからこそ必要とされていると考えられています。

世界で活躍できる日本人が持つべきアイデンティティを育むための授業や、子どもたちがともに学びあう恊働学習など、長く取り組まれている多彩なプログラムに加えて、2019年春より、発信力や表現力の育成を目的とした多目的教室『C4スクエア』が誕生しました。これからの時代に必要とされる思考力や表現力、また創立時より力を入れている英語教育のさらなる充実など、進化を続ける帝塚山学院小学校の“今”について、神原利浩校長先生にお話をお聞きました。

 

 帝塚山学院小学校校長 神原 利浩 先生のお話


神原 利浩 校長先生

創造性とイノベーションを発揮できる空間が誕生

今までにも情報社会に必要なモラル、基本的なPCやタブレットなどの操作についての学習を、先んじて取り入れてきた帝塚山学院小学校に、2019年春に誕生したのが『C4スクエア』と呼ばれる多目的教室です。ガラス張りで白を基調とした空間で、自らの考えを表現するプレゼンテーション力を育むオリジナルカリキュラム「イノベーションスタディーズ」を中心に、全学年が使用します。タブレット端末が一人に1台用意され、プロジェクターや大きなホワイトボートの壁を用いて表現、発信します。またグループワークに適したホームベース型の机は、恊働学習にも最適。プログラミング学習をはじめとする論理的思考力、プレゼンや恊働学習を通して身に付けるコミュニケーション力の育成の場、情報を収集・発信するメディアステーションとして運用が予定されているそうです。

   

取材時にはちょうど5年生による「イノベーションスタディーズ」の授業が実施されており、参観することができました。それぞれが自分についてのプレゼンをタブレットを使ってまとめ、順番に発表します。同じテーマでもそれぞれに表現が異なり、簡単なアニメーションを用いるなどの工夫には、みんな興味深々です。発表の内容について「それはどうやって作るの?」などと活発に会話が生まれ、先生のアドバイスを聞きながら積極的に学習に取り組む様子が見られました。新しいスキルを身に付け、よく知っているはずの友達のプレゼンによって新たな一面を知ることも、イノベーションの第一歩。相互理解の深まりも感じられる授業内容でした。

   

このページのTOP


子どもが主体的に学びを進める「恊働学習」でも活用

帝塚山学院小学校では2012年より、子どもが主体となって、友達と力をあわせて取り組む「恊働学習」に力をいれています。教員はひとつの命題を与え、あとは子どもたちが考え、解決するというもの。建学の精神である「自学主義」にもつながり、自主性や協調性、コミュニケーション力を育む取り組みです。

たとえば、入学から1年後、新2年生は新学期に生活科の授業で「新1年生の学校案内」をテーマに恊働学習を進めます。お兄さん、お姉さんになった新2年生は、グループに分かれて、どのように1年生に学校を案内するのか、校舎案内のルートや説明の仕方を、ペアになった1年生への言葉がけやプレゼントなど、教員の見守りのなかですべて自分たちで考えるそう。これは本格的な恊働学習のための練習とのことでしたが、イキイキと取り組む子どもたちの様子が感じられました。

新しく誕生した多目的教室『C4スクエア』は、このような恊働学習にも活用され、算数の解法のシェアなど、幅広い学びに活用される教室になるとのこと。発想力と広がりのある授業内容が期待でき、「どんなおもしろい授業をしようか」と、先生方もはりきっていらっしゃるそうです。

  このページのTOP


6年間を通して体系的に学ぶ英語プログラム

近年、保護者の興味関心が高い英語教育について、帝塚山学院小学校では、創立時よりネイティブの教師が担当するなど、伝統的に力を入れています。「I can do it!」の気持ちを大切にした授業づくりと丁寧な発音指導、習熟度にあわせた個別指導には定評があり、この春からは「子どもたちがいつでも英語に触れられる空間を提供したい」と、「バディルーム」が完成しました。ガラス張りのオープンな雰囲気の空間には、英語に関する絵本やゲームなどが設置されており、子どもたちは授業時間だけでなく、休み時間も英語に触れながら過ごすことができます。

高学年になると英語を使った校外学習として、関西国際空港へ出向いて、海外のお客様にインタビューを実施したり、プロの噺家を招いて英語落語を学んだり、特色のある取り組みも盛んです。また5〜6年生は全員、モジュール授業や会話の授業を通して、英語の物語の暗唱にチャレンジしますが、校内予選を行い、外部のコンテストにも参加するなど、それぞれが目標を持って英語学習に取り組んでいます。

さらに福島県にあるオールイングリッシュで生活を送る施設『ブリティッシュヒルズ』への語学研修や、ニュージーランドやオーストラリアなど、海外の学校との国際交流を含め、課外でも様々な取り組みが実施されており、多くの児童が積極的に活用、チャレンジしています。

興味深いトピックとしては、土曜日に開校されているTSS(帝塚山学院土曜スクール)です。学内で開校されている英語のイマージョン・プログラムで、グレード別・少人数制で実施されています。朝9時20分に登校し、午後3時半まで5コマの授業を実施。speaking ・listening ・reading ・writing の授業をはじめ、図工や音楽の授業、さらにハロウィンやクリスマス、京都・奈良遠足などのイベントを企画し、異文化や日本文化も学ぶそう。これらはすべてネイティブ講師が英語のみで教え、子どもも基本的に日本語使用禁止です。生活ルールなど校則も定めるなど、まるで海外の学校に留学したようで、年間30回の授業を6年間受けることで、1年間留学するのと同程度の英語力が身につくプログラムとして、多くの子どもが通学しています。

このように英語に関するプログラムは学内の授業はもちろんですが、本物体験を大切にする方針の基、幅広い取り組みが実施されており、保護者からも高い評価を受けています。

  このページのTOP


人間力を育てる豊かなプログラム

神原校長先生は「学力はもちろん、人間の成功につながると言われる非認知能力をしっかり高めて、これからの時代を生きぬく基本となる人間力の育成に努めたい」と言われます。また子どもたちが大人になった時の社会を見越し、必要とされる力の基本を、小学校の間に少しでも多く身に付け、卒業時にはある程度の人間性が完成したたくましい姿を、保護者の方にはお見せしたいと語られました。
そのためにも
・たくましい心と体
・尽きない探求心と向上心
・豊かな知識
・思いやるやさしさと個人の魅力
これらの力を総合的に育成することを大切にしています。

日本人としてのアイデンティティを培う本物の芸術や音楽の体験もそのひとつ。また4年生から夏に1週間の宿泊学習が実施され、親元を離れて、山口県萩市の臨海学舎で遠泳を学びます。ほかにもキャンプや七夕祭りなど、伝統的に続けられてきた取り組みが大切にされており、学年を越えて学校全体で関係性を深めるよう日々を過ごします。自分の力を存分に発揮し、互いに認め合い、やり遂げた喜びや充実感を味わう経験を通して、自分も他人も高めあえる環境が、6年間を通して準備されていました。

  このページのTOP


まとめ

最後に神原校長先生は「帝塚山学院小学校には100年を越える伝統がありますが、それは革新的な取り組みを続けてきたからこそ、築いてこれたもの。これからも社会の変化にフィットし、保護者の方のニーズにお応えできる学校づくりを続けます」と話してくださいました。恊働学習での取り組みや、本物を大切にする芸術や音楽のプログラム、また親元を離れての課外学習など、幅広い取り組みに感じるのは、教員の方々による帝塚山学院小学校の教育への熱意です。漢字や計算のオリジナルの教材の開発などからは、基本を徹底しながらも創造性をもって、教員の方々がチャレンジを続けている姿勢が感じられました。

小学校卒業後は約7割は併設中学に内部進学します。帝塚山学院中学校高等学校(女子校)、帝塚山学院泉ケ丘中学校高等学校(共学)への進学のほか、外部難関校への進学が増えています。「温かい校風のなか『自学主義』の基で育まれる一生自分で勉強する姿勢は、その子にとって人生の財産になる」と神原校長先生は言われます。将来、自身の希望する進路へのたくましい推進力が養われる6年間になるのではないかと感じられました。

  このページのTOP


取材協力
帝塚山学院小学校
〒558-0053  
大阪市住吉区帝塚山中3−10−51 
TEL 06-6672-1151  FAX 06-6672-3290
HP https://www.tezukayama.ac.jp/grade_school

帝塚山学院小学校 学校情報ページはこちら このページのTOP
TOPへ 小学校受験の「お受験じょうほう」

HOME  サイトマップ  会社概要  セキュリティに関して  プライバシーポリシー  お問い合わせ  広告ご掲載のお問い合わせ
[運営・管理] 小学校受験 対策研究所 株式会社バレクセル  Copyright(C) 2005-2018 お受験じょうほう.All Right Reserved