Strict Standards: Only variables should be passed by reference in /usr/home/ae103cotkc/html/blog/utils.php on line 409
お受験じょうほうブログ
Created in 0.0172 sec.
<< 2009.8 >>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 
RSS配信
  • RSS1.0
  • Credit

カテゴリー » その他 August 08, 2009

子どもが生まれる順番の神秘 ID:1249681143

『子どもが生まれる順番の神秘』カール・ケーニッヒ著
読みました。
最初の子として生まれることに、また、二番目や三番目の子として生まれることに何かの意味があるのでしょうか。生まれてくる順番がその人の行動や性格に影響をを与え、さらには、生き方をも左右するものなのでしょうか。(序文より)
確かにその順番はその人の人生にわたって大きな影響を与えているだろうと思います。しかし大人になった日々の生活の中であまりそのことを意識する、させられることは多くありません。(子どもの頃は兄弟姉妹が親のもとで一緒に暮らすため、その順番の意識は常にあるものですが。)気質のようなものは、血液型や星座などの分類で言われることのほうが圧倒的ではないでしょうか。
この本には、人の行動パターンや社会性が、生まれた順番に多大な影響を受けていること、またその理由が明かされています。そしてその宿命の哲学的な意味付けも教えてくれます。この生誕の順番の意味付けは、私にとってはとても納得感があり、興味深いものでした。
子育て中の方が読むのもよし、また、そうでない方にも、とても面白い本です。自分自身の生涯について考えたり、あるいは友人たち、自分とつながっている社会の中で、それぞれがどの順番で生まれたのか、そしてその意味に気づき、その人への認識が深まり、人間関係を深めるきっかけになったりするのではないでしょうか。

小学校受験と幼児教室選びの「お受験じょうほう」トップへ
Up — posted by admin @ 06:39AM
最近のコメント
最近のトラックバック