Created in 0.0058 sec.
<< 2005.11 >>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 
RSS配信
  • RSS1.0
  • Credit

カテゴリー » 編集者日記 November 22, 2005

日本でのアメリカンフットボール ID:1132592666

昨日、慶應高校のクリスマスボウル進出の話題を取り上げました。一般的には、まだあまりなじみがないスポーツではありますが、興味をもたれている方も多いようですね。アイシールド21で巷ではブームです。
ゲームの楽しみ方は、専門のサイトなどをご覧になるのが近道かと思いますので、そちらに譲るとします。

20日、アメリカンフットボール Xリーグ決勝トーナメントが始まりました。Xリーグとは、日本社会人アメリカンフットボールリーグのことを言います。今年第19回目となります。アメリカンフットボールは日本では体育の授業では行われていませんので、聞いたことはあっても、やったこと、観たことがある方は多くないかもしれません。しかしその迫力・スピード・戦術の面白さなど、魅力満点のスポーツなのです。
名前の通り、アメリカで始まったスポーツで、本国では、野球・バスケットボールと並んで最も人気のあるスポーツです。日本には、アメリカ人宣教師で関東大震災後の復興などに寄与した故ポールラッシュ博士(1897〜1979)によってもたらされました。後に博士に「フットボールの父」の称号が贈られています。ちなみにポールラッシュ博士は立教大学の教授でした。それにちなんで立教大学のアメリカンフットボールのチーム名は“ラッシャーズ”です。他大学のチーム名をいくつか紹介すると、ユニコーンズ、ビッグベアーズ、ライトニング、ウォリアーズ、クリムゾン、フェニックス、ギャングスターズ…。どこの大学かわかりますか?
大学日本一が「甲子園ボウル」で決定し、社会人日本一が「ジャパンXボウル(上記)」で決定します。そしてこの2チームが、日本一を競うこととなります。日本人の主食にちなんで「ライスボウル」と名づけられた日本選手権大会が、年明けお正月に行われ、日本一が決定します。

まさに今がシーズンのアメリカンフットボール。興味のある方は観戦に行ってみてはいかがでしょうか。

小学校受験と幼児教室選びの「お受験じょうほう」トップへ
Up — posted by admin @ 02:04AM
最近のコメント
最近のトラックバック