Created in 0.0328 sec.
<< 2008.5 >>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
RSS配信
  • RSS1.0
  • Credit

カテゴリー » 小学校関連 May 29, 2008

慶應義塾幼稚舎に通学している子どもの保護者 ID:1212034567

5月29日(木)雨。
本日、慶應義塾幼稚舎(以下、幼稚舎)へ通学している子どもの保護者にお話を伺いました。

DSC00725.JPG

慶應義塾の教育理念は「独立自尊」です。〜幼稚舎ではこの教えを子どもたちそれぞれが自分を磨きながら、互いの違いを認め合い、助け合えるようになることとしてとらえ、子どもたちが「共に思いやりの心を持って、自分のできることを一生懸命する」という形で、日常的に実行できるように努めています。〜(SCHOOL GUIDEより抜粋)
昨年の学校説明会では、舎長の加藤三明先生が「小学1年生でいえば、『親の教えに従い、自分のことは自分でする』がその意味です。」とおっしゃていました。
そんな理念を反映した幼稚舎の入試は、ペーパーないことで有名です。「サーキット運動」「絵画」「行動観察」などが試験内容で、約1時間で考査されます。月齢の遅い(俗に言う早生まれの)男児より入試が始まり、女児の4月2日生まれで終わり、きっちり、生年月日順に入試判定を行います。試験とは思えない楽しい入試だそうです。
保護者のお話を聞き、実際の子どもたち(幼稚舎生)を見る限り、家族が子どもたちを尊重し、適度に距離を取りながら、いつも安心していられ、愛情がたっぷり注がれていること子どもたちが多いこと痛感します。
幼稚舎の具体的な入試問題は、「一番好きな食べ物を描くこと」、「家を造ること」、「片足ケンケン」「ボールを突いてドリブルする」運動をしたりするなどです。そんな試験問題からも分かるとおり、子どもといっしょに遊んでいる家族の姿が目に浮かび、幼稚舎はそんな家族と子どもの入学を求めているようです。

小学校受験と幼児教室選びの「お受験じょうほう」

Up — posted by admin @ 01:16PM

カテゴリー » 学校説明会 May 24, 2008

学習院初等科の学校説明会 ID:1211629117

5月24日(土)11:00〜12:30(第2回) 曇り。
本日、学習院初等科の学校説明会に参加しました。
この時間帯(第2回)の参加者は約800名、夫婦での参加者は3割ぐらい、見受けられました。
上履き、靴入れ持参です。
初等科では毎年、9月の「入試説明会」のみ、行っていましたが、今回の「学校説明会」は初めての試みで、往復ハガキで申込み、時間毎、3回の入れ替え制で行われました。ちなみに第1回が9:00〜10:30、第2回が11:00〜12:30、第3回が13:00〜14:30で行われたようです。申込み人数が多かったようです。
初等科・学習活動の特色で特に強調されていたのは「自分の考えを表現し、友達の考えをよく聞き、理解しようとする子どもの育成」「最後まであきらめずに粘り強く考える子どもの育成」という言葉でした。特に算数の授業の説明では、計算の学びについての話があり、単純に足し算、引き算を教えるのではなく、数をおはじきなどのモノに例え、数を感覚的に学んでいました。計算の考え方を、「多くなる」「少なくなる」という意見をクラス全員で話し会うシーンがとても印象的でした。
初等科の学校説明会の内容詳細は、近日中に学校説明会レポートにてご紹介予定です。

小学校受験と幼児教室選びの「お受験じょうほう」

Up — posted by admin @ 08:38PM

カテゴリー » 学校説明会 May 19, 2008

日本女子大学附属豊明小学校 学校見学相談会 ID:1211192832

5月17日(土)日本女子大学附属豊明小学校 学校見学相談会に行きました。

詳細レポートはコチラからご覧ください。

小学校受験と幼児教室選びの「お受験じょうほう」トップへ

Up — posted by admin @ 07:27PM

カテゴリー » 小学校関連 May 15, 2008

早稲田実業学校初等部の様子 ID:1210847008

5月15日(木)晴れ
早稲田実業学校初等部(以下、早実)へ通われているお子さまの保護者3名に入試や学校の様子についてお話をお聞きしました。早実の入試の2008年度(昨年度)募集要項に明記のとおり、1次試験は「生活・運動・認知・情緒・創造性」をみます。また、2次試験は親子面接となります。靴や靴下の脱衣などの「生活」を見る試験は有名です。
早実の校是である「去華就実」とは「華やかなものを去り、実に就く」ということを意味するそうです。これは「実業」の精神を育てるということであり、同時に、社会に多くの貢献をなしうる人格の育成を目指すとのこと。このような理念を反映した内容は早実の入試でも多く出題されます。また、特に初等部の「ゆっくり、じっくり、しっかり」学ぶ、という教育方針は、永遠のライバルである慶應義塾幼稚舎(以下幼稚舎)の教育方針「独立自尊」や競争心を重要視する幼稚舎の教育とは全く違う、ということを保護者のお話を聞いて痛感しました。

小学校受験と幼児教室選びの「お受験じょうほう」

Up — posted by admin @ 07:23PM

カテゴリー » 学校説明会 May 13, 2008

星野小学校へ訪問 ID:1210665335

hoshino0513














5月13日(火)AM10:00曇り。

本日、星野学園小学校の幼児教室向け説明会に伺いました。

星野学園記念講堂(ハーモニーホール)小ホールで行われました。
まだ、出来たばかりのホールでとても綺麗でした。
出席者は、およそ50名程度でした。

式次第は、下記の通りです。
10:00〜10:15 学校長挨拶
10:15〜10:40 プレゼンテーション
(学校概要:星野学園について、星野学園小学校について)
10:40〜10:50 平成20年度入試結果及び平成21年度入試について
10:50〜10:55 学校長(補足説明)
10:55〜11:05 質疑応答
11:05〜11:40 個別質問・校内見学

校長先生のご挨拶では、「全人教育」を中心にしたお話でした。
特に気になったフレーズは、「良いことも悪いことも友人から学ぶ」
「生徒全員が主役」「失敗から学ぶ」でした。
校長先生の人の良さが、全面に出て、児童をお預けしても非常に安心ではないかと感じました。

続いては、プレゼンテーションです。
パワーポイントで女性の声とBGMを駆使し、写真と文字で印象的な学校説明でした。
とてもわかりやすく、色使い、フォントも全体的に温かみの感じる内容でした。

1年間の成果が、プレゼンテーションの中でありまして、印象的なものがあったので、一例をあげます。
児童の声では、「失敗してもがんばるきもちになった。」
保護者の声では、「友達とけんかしたときに自分で解決しようとしてふんばって頼もしい。」

星野小学校も、開校後、今年で2年目ですが、教育目標が浸透している気がします。

--------------------------------------------

「教育目標」

よく考え、進んで学ぶ子ども

明るく健康な子ども

広いこころを持ち思いやりのある子ども

礼儀正しく、あいさつのしっかりできる子ども

---------------------------------------------

最後に校内見学をしました。

特に印象的な場所は、「遊具場」でした。

ジャングルジムやうんていや小山などがありますので、

休み時間には、子どもたちが遊んでいる姿が目に浮かびます。



小学校受験と幼児教室選びの「お受験じょうほう」

Up — posted by admin @ 04:55PM

最近のコメント
最近のトラックバック