Created in 0.0069 sec.
<< 2010.9 >>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 
RSS配信
  • RSS1.0
  • Credit

カテゴリー » 編集者日記 September 20, 2010

脳に悪い7つの習慣 読みました ID:1284922273

脳トレがさかんです。何でもゲームになってしまう昨今の風潮に疑問を感じているカチカチ頭の私は脳トレなるものをやったことがないのですが、脳の老化は遅らせたい---。そこで『脳に悪い7つの習慣』読んでみました。
この本では、脳は気持ちの持ち方や行動次第でその働きを良くも悪くもできる、というなんとなくわかっているように感じていることを、なぜそうなのかという理由を知ることができます。
本書は、子どもの能力を伸ばしたい子育て中の親にとって大いに有意義ですが、直接的にも参考になることがありましたのでほんの少しだけ紹介します。
・脳の構造が定まる4歳までは興味を持つこと自体を教える時期、やりたいことは何でもやらせるべきで、「ダメ」「やめなさい」など否定語はNG、分別を教えるのはそれ以降でよい。
・子どもが能力を発揮するには指導者を好きになることが重要、子どもの前では先生のことを悪く言わないようにしたい。
・「ああしろ、こうしろ」と指示ばかり出していては主体性の発揮を妨げる。「君だったらどうする?」「どう思う?」「どうしたい?」など自分で考えて意見を持つ習慣を身につける。
・空間認知能の働きをスムーズにするには正しい姿勢、水平な目線を維持すること。
・空間認知能を鍛えるにはキャッチボールや絵を描く(正確にスケッチする)ことは効果的。文字はしっかり丁寧に書くことを心がける。

もちろん、知識を思考として活かすためには一読、いえ熟読を。

小学校受験と幼児教室選びの「お受験じょうほう」トップへ
Up — posted by admin @ 03:51AM
最近のコメント
最近のトラックバック