Strict Standards: Only variables should be passed by reference in /usr/home/ae103cotkc/html/blog/utils.php on line 409
脳に良い料理の仕方
Created in 0.0159 sec.
<< 2010.8 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 
RSS配信
  • RSS1.0
  • Credit

カテゴリー » 編集者日記 August 17, 2010

脳に良い料理の仕方 ID:1281999881

暑い日が続いていますが、昨日は京都で五山の送り火があり、夏もおしまいな感がありますね。
最近(いや、いつもか)暑いとキッチンに立つのも苦痛で、つい簡単料理で済ませてしまうことが多いです。
先日読んだ本に、「料理の際、たとえば野菜や果物の皮を剥くとかみじん切りにするなどの作業は念を入れて、つまり集中してやると脳の活性化によい」というような内容が書かれていました(書名など忘れてしまいましたが脳に関する書籍)。
様式美を旨とする日本の伝統要素の素晴らしさにもつながりそうな…。
そうか、漫然と作業をするのではなく、そこに意識をして心をこめて「味わう」ことが、精神論だけではなく、脳の活性化にもよいのか。
以前、あるヨガの先生が、掃除機をかけるときにもおにぎりをにぎるときにもそこに意識を集中して時間をかけて行うんだ、と言っていたのを思い出します。
野菜切り、どうせやるなら、意識して。

小学校受験と幼児教室選びの「お受験じょうほう」トップへ
Up — posted by admin @ 08:04AM
最近のコメント
最近のトラックバック