Created in 0.0171 sec.
<< 2007.7 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 
RSS配信
  • RSS1.0
  • Credit

カテゴリー » 学校説明会 July 06, 2007

立教女学院小学校の学校説明会 ID:1183719780

立教女学院小学校 2007年7月5日(木)

8:30〜11:50  
礼拝参加・公開授業・学校説明会
参加者500名以上(上履き、靴袋不要)
紺スーツ、ワンピースが多数。
緑の多いとても趣のあるキャンパス。
  
■礼拝(8:30〜8:50) 
聖マリア礼拝堂にて子供達と共に1日が、礼拝から始まる。
子供達がそれぞれ時間になると礼拝堂に入堂し静かに待つ。
一日の始まりとして、心を静め、秩序を持って礼拝に望むとても素敵な時間でした。

■公開授業(9:05〜9:55)
木の素材を大切にしたとても落ち着きのある新しい校舎。
食堂も新しいがテーブル椅子などは以前に利用していたものを再利用して落ち着きのある空間が出来ていた。
算数などでは実際に形を示したり実験したりして身をもって覚えるような工夫がされていた(6年円錐、体積の授業)

■学校説明会 
聖マリア礼拝堂にて(参加者多数のため食堂、各教室に同時放映)
▼清水校長先生(10:15〜)
*立教女学院の歴史
 1877年文京区湯島にて開校、以後築地に移り40年を過ごす。
 関東大震災で被災し久我山の地に移転する。
 小学校は1931年開校し現在4700名程の卒業生を出している。
*小学校が大切にしていること
 卒業生の山崎ようこさん、縫田ようこさんのコメントを通して、現在も続く立教女学院
 の教育の基本を話される。
 ・それぞれの子供に合った場面を見つけ子供をほめる事を大切にしている。
 ○時間を守る(提出物なども含め)
 ○出された課題を誠実に粘り強く考える
 ○自分の耳で聞く
 ○自分の考えを発表する
 ○自分の勉強方法を見つけて身に付ける
*キリスト教教育  
 一生変わらない指針を身に付ける
 キリストを通した教育としては毎朝の礼拝、聖書の授業、聖歌隊など聖書に基づい
 て生活することで、困っている人、助けを求める人のために必要な時に心を捧げられ
 る人に育ってほしい。
 ○一人一人を重んじる教育  
  子供の個性を大切に、遊びを大事にしながら集団の中で自分を見つける授業を実
  行。自分の間違いを認めて受け止めてくれる集団作り
 ○学校は学びの場所
  基礎が身につくように丁寧にくり返し学習させる。
  その為に教師も常々研修会などに出席し学習を続けている。
*学校の特徴
1)ゆとり教育以前の学習指導要領で学習するよう差込教材などを利用している。
2)芸術的教育
  特に音楽に力をいれている。(礼拝、歌の発表会など)
3)総合学習
  英語パソコンなど3年生からティームティーチングを実行している。
4)クラブ活動
  運動部、文化部合わせて15の団体があり郊外試合も実施される。
5)動物介在教育
  犬を使ってぬくもりから命の大切さを学ぶ
  バディウォーカーというボランティアが犬を連れて老人ホームなど訪問する。
6)健康面の教育
  保健室をキャンパスで1本にし上の学校に上がっても見守れ、細かな保健指導が
  出来る。心の健康としてはカウンセリングルームを設置し、いつでも相談できる環境
  を整えている。
7)給食
  開校当初から全校生徒一同に食堂に集まって昼食をとる。   
  食べるだけではなくみんなで食べる楽しさ、マナーなども身につける。
  栄養士さんと、教員が献立会議を開いたりしてメニューに工夫している。
8)制服は定めていない
  基本はスカート
  一人一人の個性を大切にする一つのあらわれ。華美にならず清潔で活動しやすい
  ものを自分達で考えて着用する。
9)学校の一斉参観はない
  特に一斉に参観を決めず、いつ見に行ってもいつ面談しても良いという事。
  通知表はなし。個人面談で直接評価を親に伝える
10)テレビに寄る校内放送
  子供達による放送。視聴覚教育を重視している。
11)図書室
  17,000冊の蔵書
  いつも子供の生活の近くに本を。(作家の話を聞く会などを催す)
12)環境     
  5万平方mの南斜面の敷地に2000年に新校舎が完成。
  風が通りやすく光が一定であるように北向き校舎にしてある
13)保護者の活動    
  小学校〜短大の在校生の父兄全員が参加する会、お父さんが参加する会などがあ
  る。
14)立教小学校との関係   
  合同で小運動会などを実施して交流をしている

◎安全への配慮
  緊急の場合にあらかじめ登録された連絡先数箇所に連絡できるシステムを採用。
  キャンパス門辺りから数人の警備の人が立って子供の安全を確保。
◎中学への進学
  小学校校長の推薦があれば中学進学が出来る。
  例年殆どの子供が中学に進学できる。

■入試について
▼佐野教頭先生  
*願書販売  
 9月3日(月)〜10月2日(火)9:00〜16:00販売 1部500円
 (但し8月31日校舎見学の際にも販売有り)
*提出 
 10月1、2日消印  (郵送のみ)
 到着順による有利不利はありません。
 受験No.は生年月日順につける。(4月から付けるか、3月から付けるかは未決定)
*面接 
 10月中土曜日などを予定している(まだ未決定のため変更もあり)
 原則として日時の変更は無し。だが事情によっては相談を受けるので
 小学校事務室まで連絡。(03−3334−5102)
 保護者+子供の面接。(都合のつかない場合は両親そろっていなくても○)
*試験  
 11月5日(月)、6日(火)の両日に試験をする
 例年であると 1日目2日目共に100分間。
 ペーパー、手作業などを考査。
 小学校入学に必要な年相応なことを身に付けているかをみる
  ・身の回りのことを自分で出来るか
  ・話を聞くことが出来るか
  ・友達と遊んで集団で行動することが出来る
  ・知的能力
  ☆鉛筆、箸の正しい持ち方はきちんと教えてください
*判定   
 ペーパー、手作業、面接などを総合的に判断する。
 早生まれに関しては多少考慮することも有り。
*通学時間 
 自宅から学校まで1時間以内(子供の体力と安全面を考慮して)
*発表 
 11月8日10:00までに到着するように結果を郵送する。
■学校紹介(11:25〜)
 学校の1日、設備、学校行事などをスライドで紹介

質問コーナーあり

8月31日校舎見学会

小学校受験と幼児教室選びの「お受験じょうほう」
Up — posted by admin @ 08:03PM
最近のコメント
最近のトラックバック